前回ウオシュレットに関して語ったので、今回もそれ関連で

 

「いまさら?」とか言われちゃいそうですが、ちょっとウオシュレットに関してトリビアを一つ

 

 

ウオシュレットという名前は“TOTO”さんから発売される温水洗浄便座にしかつけられない名前。同じくシャワートイレは“INAX”さんから発売される温水洗浄便座という線引きがあります。これは商標を各社が持っているから。

だから「INAXのウオシュレット」といのは間違いなのです、、、

 

という今さら感満載の情報はどうでもいいとして。

今日のメインテーマは「おしり」ボタンと「ビデ」ボタンにしたいと思います。

 

おしりボタン:うんちした時に押すボタン

ビデボタン:女性がおしっこした時に押すボタン

 

両方使用するとわかるけど、それぞれ当たる位置が違う。

おしりは後ろの方、ビデは前の方。

 

私はもちろん男なのでビデボタンなんか使いませんと言いたいと事だけど、実はINAXの温水洗浄便座を使う時だけは、ビデボタンを愛用してたりします。

皆さんはどうでしょう?

 

ウオシュレットの場合「おしり」で俺の肛門にジャストフィットの温水。でもシャワートイレの場合は、尾てい骨に近いというか、肛門の後ろ側に水が当たる感じで、すごくキマリが悪い。でもビデだとジャストフィット。

だからいつもトイレに入るとまずはTOTOかINAXかを確認する。たまにパナソニックや東芝に出会った場合は、うんこする前に両方のボタンを押して、あて心地の良さを確認してから使うことを心がけている。

 

それにしてもこの両社の差異は何なんだろうと思っていたんだけど、最近その謎が解決。

 

“ノズルの本数”

 

これが両社の違い。TOTOはノズルが一本でおしり、ビデともに対応しているけど、INAXはそれぞれにノズルがある事が判明。

 

ここからは私の感覚的な妄想だけど、TOTOは一本のノズルで前後ともにという形なので、

おしりとビデの距離が近く、ちょい曖昧なんだと思う。でもINAXはおしり・ビデがそれぞれ専業なので融通が効かないっちゅーか、「おしりはおしり、ビデはビデ、中途半端は許しません!」という厳しめな感じなのかなぁと勝手に思っている。これって案外正しいような気もする。

 

多分私の肛門の位置は「ウエツキ」な方なんで、おしりとビデの中間が一番心地よいのかも。

 

前回に引き続き今回もTOTOさんの賛美になってしまったけど、別にTOTOの回し者ではないのであしからず。

 

それにしても、みんなどうしているんだろう。気になる

 

会社とかで「みんなー、どっちのボタン使っている?」なんて聞いたら、それこそセクハラだし、変態扱いされてさげずまれるのが関の山だし、、、、

 

今度この「ボタン問題」Twitterでアンケートとってみようっと。


人気ブログランキング

温水洗浄便座!

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です