皆さんは【膿栓】ってご存知ですかな?

 

【膿栓】英語でいうと “Tonsillolith”ね

(別に英語で言わなくてもいいけど、なんとなくカッコいいから書いてみた)

 

をした時などに喉の奥から飛び出してくることのある小さな球状の塊。主に黄色。潰すと悪臭を放つ。扁桃栓子(へんとうせんし)、また特に石灰化し硬くなったものは扁桃結石(へんとうけっせき)とも呼ばれる。「臭い玉(くさいだま、においだま)、くさだま」という俗称も持つ。Wikipediaより

 

端的にいうと、のどから時たま出てくる歯糞の親玉みたいな、臭い白い物体。

Wikipediaにも潰すと悪臭って書かれてるけど、悪臭どころじゃない臭いがする。

なんちゅーか、胃が悪いときのウンコの匂いというか、おぞましい匂い。

でもさ、恥ずかしいから書いちゃうけど。俺自分の膿栓の潰した匂い、好きなわけじゃないけど、なぜか必ず潰して嗅いじゃうんだよね。

 

『クセー、めっちゃクセー』と

「こんな臭いの出してやったぜー」っていう達成感。

 

ちょっと変態だけど、自分の脇の匂いや股間の匂いをついつい嗅いでしまうという人がいるってよく聞くから、そこまで変態ではないと思う。

 

前回書いた通り、俺はかなりの口臭持ち。口開けていびきかいて寝る派だから、口腔内が乾燥して雑菌があふれ、結果に膿栓ができやすい状況になるみたい。

 

この膿栓の出てくるタイミングは様々、一番多いのが急に出てくるパターン。

何もしていないのに、急に喉の奥からひょっこり出てくる。これは自然分娩パターン。

 

他には、膿栓って扁桃腺周辺にある穴に蓄積されたカスなんだそうだけど、その穴に蓄積される過程でなんとなく喉の奥から匂いがするんだ。ドブというかうんこというか、そんな匂い。その匂いが数週間続いても自然に出てこない、自然分娩不可の時。強制的に除去する

帝王切開パターンもある。

 

超小型のLEDライトを舌にのせて、綿棒または、耳かきで扁桃腺周辺にある穴を押したり穴の中に耳かきを入れて掻き出す。驚くほどでかい膿栓が収穫される。風邪を引いたあとなんてとくに大豊作。どんだけ穴に入ってたんだよって程の膿栓が取れる。

 

収穫後は恒例の匂いチェックで達成感を満たし、そのあとイソジンで口腔内を念入りに消毒。そんな事を1カ月に一回はしている。あの収穫後の喉の爽快感が虜にさせる。

 

これ読んでる人も「わかるわかる」っていう理解派と、「気持ちわりー」って読むのをやめる否定派がいると思う。ちなみに膿栓を友人に見せたらどえらくドン引きされた。

 

膿栓って出る人、出ない人がいるみたいで、友人は『生まれてこの方出たことがない』という人間だった。確かに口臭は皆無な人なのでこれは納得。

 

ぱこはというと。

 

膿栓大豊作

下痢バッチ来い、リーリーリー!  ってな感じ。

 

友人からは「鼻くそはほじるし、下痢はするし、口から変なもの出てくるし。お前は最悪」と栄誉ある言葉を頂戴した。

 

もう人生この年までくると厚かましくなったもんで「逆になんで下痢しないのか?なんで口臭がないのか?」って、そんな人間がいる事に疑問を覚えてきてしまった。

 

書いてたら膿栓が気になり始めてきたから、さっそく耳かきで掻き出そうかな。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

膿栓を取り除く

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です