何度も言うように、一日何度もトイレを利用するぱこ。
自然とトイレ自分の頭の中にトイレマップが出来上がっている。

「ここで下痢をした時はこのトイレ」というマイ便所。略してマイ便

マイ便に要求する条件はこんな感じ

・清潔
・温水洗浄便座完備
・人があまり来ない(混まない)
・換気が良い
・床がタイルではなく塩ビのシートもしくはピータイル

清潔なのは当然として、ウオシュレット有無はもはや「きほんのき」
あとは、いつ行ってもすぐに入れる。また下痢が収まるまで少々ゆっくり落ち着いて長居のできるトイレ。
また、ここは盲点なのだが臭気対策は大切。隣の個室の人の匂いや、トイレに染み付いた匂いはできる限り嗅ぎたくないもの。だからこそ換気は大切。吸引力の強い換気施設を持っているトイレの不快指数はかなり低い。

それと、床材がタイルの場合。年数とともにどうしてもタイルの目地に積年のおしっこ臭がついてしまう。これはどんなに掃除をしようとも消えない。公園や古い公共施設のトイレが臭いのはここが原因だとべんぞうは疑っている。
そういった意味で、床材が塩ビやPタイルのトイレはタイル床に比べて匂いの染み込みが少なく、お気にいり。

以上の条件が適うトイレ、それが『マイ便』

今日は、そんなマイ便の一つをご紹介。

『新宿三井ビル1階・エレベータ横トイレ』

ここのトイレ「超良い」というわけではないけど。昔からの安定感というか、総合的にみてバランスが取れている。

駅からの距離:3分以内
人の多さ:新宿にも関わらず、そこまで多くない
清潔度:三井不動産系が管理の為安定のクオリティ
施設の充実度:近年トイレのリノベーション完了済
総評:ビル自体が古いので、若干の古さを感じる点もあるが、完全リノベーションされている事と、やはり三井の管理力からか臭気があまり感じられない清掃・換気能力が担保されていることから、マイ便入り。

難点としては、ごくたまに。近隣のホームレスが利用する事もあるらしく別の意味での異常臭気が漂う事あり。

ホームレスの王道をいくポリシーのあるホームレスの人って、割かし空気を読んでいて、自分が利用することで迷惑がかかる場所と、そうでない場所を心得ており
綺麗なトイレは『俺がここを使っちゃいけない』って、自発的に判断。決して利用しない人が多数。

ただ、中には空気の読めない人がいて、暖房完備で居心地の良いこういうトイレに入り浸る人がいると、臭くて臭くて。。。

まっ、うんこマンであるぱこと、一部のホームレスから認められるトイレ。本当に居心地が良いのだと思う。みなさんもお近くに立ち寄りの時は是非使って見てください。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

個室の中から

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です